家賃保証会社を比較して最安値を探し出そう

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

家賃の収納もれを防ぐ

スーツの人

専門事業者が債務を保証

アパートや賃貸マンション等の所有者にとって、経営上の大きなリスクとなるのが家賃等の滞納です。督促は事務の負担になるばかりでなく、万が一回収不能という事態にでもなれば、収益率の低下を招いてしまいます。こうした事態を未然に防ぐため、通常は賃貸借契約を締結する際に入居者に対して連帯保証人を求めることで、債権の保全を図っています。しかし最近では、より確実性を増す目的で、賃貸保証会社を利用する傾向が目立っています。賃貸保証会社は、家賃債務保証を専門に手がける事業者です。一個人である連帯保証人の場合、離職や病気といった不測の事態によって契約途中に保証能力を失ってしまうリスクがあります。これに対し、賃貸保証会社は専業の法人であるため、高い信頼を置くことができます。

未収の場合は立替払い

賃貸保証会社は、物件所有者との間に保証契約、入居者との間に保証委託契約をそれぞれ締結することにより、家賃等の債務履行に係る保証を行います。もし滞納等が発生した場合、所有者は賃貸保証会社に代位弁済を求めることができます。ただ、契約上は上の通りですが、実態は少し異なります。というのも、多くの賃貸保証会社が行う業務は一種の収納代行の様相を呈しているからです。通常、毎月の家賃等はまず入居者から賃貸保証会社に支払われ、それから物件所有者に納付されます。もし期日までに家賃等の支払いがなかった場合は、賃貸保証会社がいったん立て替え、自らの責任において督促等を行います。つまり賃貸保証会社を利用すれば、物件所有者にとっては事実上、家賃の未収という事態が発生しなくなるわけです。