家賃保証会社を比較して最安値を探し出そう

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸経営で儲けたい

女の人

万が一失敗することがあったとしても投入した資金がゼロになってしまう心配がないという理由で、賃貸マンション経営を始める人が増えています。FXや株式に投資した場合、悪くすると投入した資金を全て失ってしまう恐れがあります。それどころかマイナスになってしまう可能性もあるため、投資初心者はなかなか手を出すことができません。しかし、賃貸マンション経営であれば、最悪の場合でもマンションという資産が手元に残ります。そういった意味での安心感があるため、賃貸マンション経営に乗り出す人が増えているのですが、失敗する可能性がゼロであるわけではありません。今は賃貸マンションの供給量が過剰気味になっていますから、ただ漫然と賃貸マンション経営を始めても空室だらけになってしまう可能性があります。そのリスクを軽減するには、あまり条件が良くない賃借人にも積極的に部屋を貸すことが必須になります。具体的に言うと、高齢者・母子家庭・外国人などにドンドン部屋を貸すことが、賃貸マンション経営を成功させる最大のコツになります。

先程具体例としてあげた高齢者・母子家庭・外国人の場合、希望に合う部屋を借りることがとても難しくなっているのが実情です。失礼を承知で言わせてもらうと、これらの人々はあまり収入が多くありません。また、連帯保証人になってくれる人が誰もいないというケースが多いです。家主からすると回収不能リスクが非常に高い賃借人ということになりますので、これらの人々に部屋を貸したがらない家主が多いです。しかし、家賃債務保証制度を利用すれば、回収不能リスクを気にする必要がなくなります。民間の家賃債務保証会社だとこれらの人々を審査で落としてしまう可能性が高いですが、公的機関が運営している家賃債務保証制度であれば、問題なく利用することができます。いわゆるハイリスク者に対する賃貸住宅の供給量はまだまだ不足していますので、公的な家賃債務保証制度を利用して、ハイリスク者に積極的に部屋を貸すのが得策です。これが、賃貸マンション経営で生き残っていく最善の方法になります。